ミッション

1946年の創業以来、日本の医療現場の生の声と取り巻く環境を反映させた製品づくりを得意とし、医療従事者からの多彩なニーズに応えてきた「株式会社イソメディカルシステムズ」。当社はそのメーカー部門の営業部が独立し、グループ会社として2014年に誕生しました。

当社の強みは株式会社イソメディカルシステムズの「メーカー」「商社」両方の側面を活かした提案力です。イソメディカルシステムズのオリジナル製品を中心に、手術体位保持用ポジショナー製品から手術用鋼製器具器械、キルシュナー、スプリントといったディスポーサブル製品まで幅広く取り扱っています。特に脊椎外科用手術フレームは褥瘡や抹消神経の障害、臓器障害が発生するリスクが伴う手術において、患者様の体の負担軽減に貢献しており、高い評価を獲得しています。

医療業界は常に目まぐるしい変化の中にあります。イソメディカルアドバンスはグループ会社との協力体制により、医療従事者の声に耳を傾け、使いやすさを追求した高品質な製品を開発提供し、人々のQOLの向上に貢献することを心掛けてまいります。

Copyright©株式会社イソメディカルアドバンス